PhotoGimmick blog

北海道での写真撮影や旅行の日記、撮影スポットやグルメの紹介。

撮影スポット 阿寒国際ツルセンター

      2016/01/19

道東にはたくさんのタンチョウが冬を越すために渡ってきます。
もちろん、そのまま居つく者もいるのですが多くは冬に北海道へやってきます。

阿寒国際ツルセンターでは冬の間に給餌を行っていて、餌を目当てにタンチョウをはじめ多くの動物が現れる撮影スポットです。
日本人だけでなく外国人の見学者も多く、時期によってはびっくりするくらい込み合います。

数は少ないんですが北海道では年中タンチョウは見られます。夏場は個体数が少ないそうですが。
それでも、タンチョウの生活圏は徐々に広がっているそうです。タンチョウ
タンチョウ

ハクチョウも現れます。ハクチョウ
ハクチョウ

たまにエゾシカやキタキツネも現れます。キタキツネは給餌で撒かれる魚が目当てですね。キタキツネ

オジロワシは時期に行けば、大抵は見られます。オジロワシ
オジロワシ

オオワシはたまに居ますが、なかなか人間がいる方へ飛んできてくれません汗
オジロワシに比べると慎重です。
時折、オジロワシと競合したり地面に下りたりします。オオワシ

ハトもわさわさ居ますが、撮影に来ている写真愛好家からはガン無視されています。かわいそうに。ハト

まだ子供のタンチョウです。タンチョウ

気温が低ければ白い息が見れますし、夕暮れ時にオレンジに染まる息を撮っている人もいますね。タンチョウ

基本、給餌開始から1時間くらいが撮影のピークでして、餌がなくなってくると各々帰り始めます。
餌の魚を取り合ったり、カラスやオジロワシなどとけん制し合ったり、いろんな姿が見られて飽きないです。タンチョウ
タンチョウ

入場料が掛かりますがお安いです。
隣は道の駅があり、その近くには日帰り温泉施設もあるのでのんびりしていっても良いのではないでしょうか。
釧路市街から車で1時間くらいで行けますし、給餌はお昼なので早起きすれば札幌からでも日帰りで撮りに行けます。

阿寒国際ツルセンターウェブサイト

 - 撮影スポット[道東・道北] , , ,